とまとさんの生存報告。

明日をより良いものにするために奮闘しているアラサー女のブログ。

このミス大賞「元彼の遺言状」の作者、新川帆立さんが気になる!

 

元彼の遺言状

元彼の遺言状

 

 このミス大賞を受賞した「元彼の遺言状」。

あらすじ

「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」奇妙な遺言状を残して、大手製薬会社の御曹司・森川栄治が亡くなった。

学生時代に彼と三ヶ月だけ交際していた弁護士の剣持麗子は、犯人候補に名乗り出た栄治の友人の代理人として、森川家主催の「犯人選考会」に参加することとなった。数百億円ともいわれる遺産の分け前を獲得すべく、麗子は自らの依頼人を犯人に仕立て上げようと奔走する。
他方で、彼女は元カノの一人としても軽井沢の屋敷を譲り受けることになっていた。ところが、軽井沢を訪れて手続きを行ったその晩、くだんの遺書が保管されていた金庫が盗まれ、栄治の顧問弁護士であった町弁が何者かによって殺害されてしまう……。

 

宝島社公式HPより引用。

 

私も途中まで読んでいるのですが、久しぶりに主人公がバブル期の女性のような強さがあって、読んでいて新鮮です。GS美神のような。

 

 

内臓でも売ってお金作ってきちょうだいとか名台詞です(笑)

私もお金好きですよ。

作者さんがは本当に弁護士をされているので、リアルなんですよね。

弁護士業界に生きている人が書くと、こんな感じなのかと面白く読ませていただいています。例えば、最初に元彼の遺産金額で提示されていた金額では今回の案件、主人公の剣持麗子は、すぐには飛びつかなかったんですけど、遺産総額をちゃんと調べてから「のった!」と名乗りをあげます。

この小説、絶対映像化しますよ。

ありありと主人公やキャラクターたちが浮かびますし、テンポもいいです。

 

そして、気になったのがこのお話を書かれている新川帆立さん。

まだ、若くてかわいらしい感じの女性です。

小説家という夢を持ちながら、まず夢を追うなら金になる仕事をしておかないと、弁護士になります。まず、弁護士になれるのがすごいです(笑)

そして、その間にプロ雀士の資格をとっておられるんです。

実は私も小説を書くために、仕事につきました。その仕事が忙しくて全く書けてない日々なのですが、新川さんが弁護士が忙しくて倒れたときに「まだ小説書けてない!」と思って、生活を変えた話が好きです。

まず、仕事を変える。

そして、小説教室に通う。しかし、8作品くらい応募されていたそうですが、なかなか目が出なかったそうです。才女でも、もちろん簡単にいかないものです。そういや、彼女もトラウマ辞典持っていたのが、親しみを覚えました。

買おう。

 

セブンルールにこの前、出ておられました。私のためにも覚書しておきます。

 

1.小説はベッドに横になって書く。

机に座っていたくないし、寝て起きてすぐ書ける方式すごい。リラックスできますよね

お布団。

 

2.ストーリーは付箋を紙に張って考える。

これ、別の作家さんもしておられました。彼女は弁護士ですから、重要な情報を抽出して事件の真相をあぶりだすそうです。この方法は生かされますね。

 

3.家事は7割夫に任せる。

うおお、うらやましすぎる。彼の協力もあってですね。素晴らしい。

 

4.麻雀中はひたすら耐える。

麻雀は自分をおさえて耐えるそうで、ストレスたまるそう。でも、あきらめないメンタルを鍛えられたとのこと。なるほど、私メンタル弱いから、そこも見習いたい。

 

5.週に5冊自己啓発本を読む。

自分にはない考えを取り入れることは重要ということです。私は自己啓発本が好きなのですが、それを読むより小説を読んだ方がいいのかな、と結構考えるのですが、自己啓発本からも、他人の考えは読めるので、肯定していきたいです。

 

6.木曜はかわいい服を着る。

これは女子っぽい。かわいいです。自己肯定感を高めていきますし、夫にかわいいと言ってもらえてモチベをあげて頑張れる、いいなあ。

 

7.すべてのエネルギーを小説に捧げる。

もう専業になられたそうです。好きなことに全力をささげられるっていいですね。

次も応援してます。だって、そのために弁護士になったりしたんですもん。

私も最終的にはそうなりたいです!

 

これはティーバーで見ていましたが録画したら良かったです。

ものすごく元気とやる気もらえました。