とまとさんの生存報告。

明日をより良いものにするために奮闘しているアラサー女のブログ。

映画「居眠り磐音」が思ったより少年漫画展開で好き。

iwane-movie.jp

 

 

f:id:tomamix:20200317233409j:plain

 

時代劇が好きなので、だいたい、映画出たら見ちゃうのですが気になっていた「居眠り磐音」をレンタルしてきました。

松坂さんと木村文乃さんはドラマでも共演されてましたね。

こちらは佐伯泰英さんの小説が原作にあるようですよ。

 

あらすじ

 

坂崎磐音(松坂桃李)は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒芳根京子)を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった──。

江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう──。

 

公式サイトより。

 

感想

 

時代小説が原作にあると聞きましたので、難しいと考えてました。

難しくなく、少年漫画展開に吹きました(笑)

まず、冒頭で悲しい事件が起きてしまいます。

磐音を含む、三人は仲良しでした。ところが、あらぬ噂で妻を疑った一人が妻を殺害。それは友人の妹でした。友人は怒りを抑えましたが、相手が刀を抜いたので、抜刀。

妹を失い、友人も切った一人は藩から差し向わされた磐音に切られます。

るろうになった主人公(あら?)。まるで、剣を構える姿が居眠りしている老人のように静かですからタイトルは居眠り磐音。

暗い過去。穏やかな性格。剣〇?

坂崎いいいっ、といいつつ立ち向かってくる敵とか、陰謀とか。

ただの金貸しの用心棒が江戸を揺るがす派閥の争いでした。

でも婚約者を放ってるろうにしている場合じゃないですね。婚約者の両親病気でした。磐音に嫁入りしてたら大丈夫でしたが働かなくてはいけなくなり決意します。

彼女は吉原で天下とってました。花魁になった芳根京子さんめちゃ綺麗。

でも、もう遠い人になってしまったんですね。

彼女を荷受けするために、用心棒でがんばるオチ。

圧倒的ヒロイン、木村文乃がいるのでジャンプかよと思いました。

時代活劇ってこうじゃなくちゃ、とも思いました。

とても、見やすくて面白かったですよ。

続きは作ろうと思えば作れますね。