とまとさんの生存報告。

明日をより良いものにするために奮闘しているアラサー女のブログ。

待ってました、薬屋のひとりごと9巻の感想!

薬屋のひとりごと、新刊である9巻がでました!

早速、読んでしまいました。

今回も激動前って感じです。

侍女の雀(チュエ)さんのキャラが濃い(笑)

 

薬屋のひとりごと9 (ヒーロー文庫)

薬屋のひとりごと9 (ヒーロー文庫)

  • 作者:日向 夏
  • 発売日: 2020/02/28
  • メディア: 文庫
 

 

あらすじ

壬氏の一世一代の行動の結果、とんでもない秘密を共有することとなってしまった猫猫。

折しも後宮は年末年始の休暇に入る時期。

実家に帰りたくない姚は、猫猫の家に泊まりたいと言い出した。

とはいえお嬢様を花街に連れていくわけにもいかず、姚と燕燕は紹介された羅半の家に泊まることになる。

一方、口外できない怪我を負った壬氏のために、猫猫は秘密裏に壬氏のもとに通わなくてはならなかった。

できる範囲で治療を施していくが、医官付き官女という曖昧な立場に悩まされる。

壬氏が今後さらに怪我を負わないとも限らないが、医官にはなれない猫猫は医術を学ぶことはできない。

そこで、羅門に医術の教えを乞おうと決めるのだが――。

 

プライムノベルス公式サイトより引用。

 

感想

 

焼き印事件からの後ですから、猫猫と任氏の関係性も変わるかと思ったのですが、最後のシーンまであまり接点がないので、やきもきしますが謎解き面白いので、楽しく読まました。

まず、「禁書」を探せ。

人体の解剖などは医術解明では暗黙の了解で禁止。

禁止だけど勉強しないといけません。

解体の書は禁書なのですが、それをみつけてなおかつ拝見して勉強したいか羅門に問われます。

とうとう、主人公が薬屋から医術を学ばなくてならなくなりました。

女性は医者にはなれない世界設定。

でも、焼き印の治療や、お妃の妊娠時のトラブルあったら信用おける奴にオハコまわってきますし、と考えて勉強していく流れになっていきます。

任氏は立場を焼き印によってはっきりさせたつもりでしょうが、後宮に面倒な人が入ってきそうですし、まだまだ安心できませんね。

猫猫が後半になってようやく彼へのいらだちの理由がわかります。

自分から苦労を買って貧乏くじをひいてしまいそう。

相手のことを気遣っていたからなんですね。

最後のシーンは、猫猫がちょっとだけサービスしてくれましたね。

よかったね、任氏!

2人っきりになれるようお膳立てされているの気づくあたり彼女ですが、のってやってもいいと、考えられるくらいには距離は縮まってますかね。

周囲の目があるため、甘い展開にはなりませんが、任氏には頑張ってほしいです。

任氏が彼女を『自分の手元に置いておく』という芯がブレないがいいです。

猫猫からしたら利用したいなら利用しつくせばいいという感じのようですがね。

 

今回、船旅に出た際、雀さんという馬一族の嫁が侍女として登場。

添乗員でありながら観光を楽しんでました。

彼女は嫁なので、お姑が怖いようです。

いやあ、肝が据わった女性です。

火のないところに煙事件では助手になってました。役に立つ。

個性的なキャラが多い中、なかなか新キャラって動きにくいですが、彼女はしっかり印象づきました。

猫猫が個性を出した方がいいのかと考えるくらいに(笑)

これからの展開がますます楽しみになってきました。

今回はそこまで動きありませんでしたが、波乱の予感です。