とまとさんの生存報告。

明日をより良いものにするために奮闘しているアラサー女のブログ。

ミュージカル「忍たま乱太郎」第10弾「忍術学園学園祭」再演にいってきた!

1・18日。天気快晴。大阪公演の「忍たま乱太郎ミュージカル 忍術学園学園祭」の再演に行ってまいりました!!

初2・5次元舞台。

 

 

f:id:tomamix:20200121150256j:plain

 

 

写真は大運動会となっておりますが、学園祭内の‟運動会”って感じでしょうか。

実は、妹らと私たちは以前に忍たまミュージカルのDVDを観たことがあるのです。

そこでは時々、NHKで放送していたかのような会場を巻き込んだ舞台劇が繰り広げられると思っていたのです。

だがしかし、展開は違っていました……。

 

まさかのライブ式!!

私たちは席について静かに舞台を眺めるだけと思っていました。

なのでとても楽なおしゃれもせずにマスクできました。

しかし、会場にいるお客さんをみて驚きました。

 

特徴

1.みんな推しのうちわを持っている。

2.各学年をイメージしたリボンなどを髪やバッグに装備している。

3.ペンライトを持っている。

4.どくたけのパーカーを着ている人がいる。

5.過去の舞台のタオルを持っている。

6.みんなオシャレしている。

 

なぜだか、わかりますか?

なんと、開始早々、テンション高く「席をたって!!」と言われます。

え、え、え???と混乱する私たち姉妹。

まわりを見渡せばわかっていないのは私たちくらいでした。

そして、舞台上の忍たまキャラに扮した彼らが会場のお客さんに呼びかけます。

「盛り上がっていこーぜ!!」

「いえええええいっっっ!」

みたいな。

そして、キャラクターらがダンスと歌をうたいます。

過去の舞台で歌っていた「あの曲だぜ!」みたいなことを言うのですがわたい達まったくわかりません(;^ω^)

そして、拍手をしようにもペンライトで反応を送る流れなので、手拍子することはめったにありません。

みんな色とりどりのペンライトを振ります。会場は暗いので彼らに応えようと思ったらそうなります。

それどころか、「見ろよ、蓮が広がっているぜ」とキャラが言うのです。

(蓮の池で伊作がおぼれたようです)

するとみんな緑色にペンライトの色を変化させます。

ここは何色とかみんなよおおおくわかっているのです。

どくたけ(敵)忍者が出たときは赤色にするのです。会場がどくたけ色だぜ! がははと笑います。

まさに会場一体型!!

 

あと、キャラの登場のときに六年生、七松先輩のときは「いけいけー!!」といえば「ドンドン!」とお客さんが声を返します。

わたしたちも、アニメを知っているのでわかっているのですがそれが何に決まっているのかよくわかっていません。

ただ、わたしの推しである五年生の二人には萌えました。

そう。わたしね、開始前にパンフみたいなの買ったんですよ。

そこでは推しが出る予定になっていなくてちょっとだけショックだったんです。

でも、途中で五年生の不破雷蔵と鉢屋三郎が出てきたときテンションがあがりました。

待っていたのは私だけはなく、会場も二人が出てきたとき一気に盛り上がりましたよ。

 

で、二人の紹介のとき「雷蔵といえばー?」『三郎!』「三郎といえばー?」『雷蔵!』の返しはいやあ、わかっているなとニヤニヤしてしまいました。

二人が出てきたときから楽しくなってきて(いえ、もともと楽しいのですが更に楽しくてきたのです)めちゃくちゃ目で追ってました。

アニメと違うかわいさ! 

 

あ、次も来ようと思った瞬間。

 

巨大な風船が降ってきてお客さんが前に送ったり(運動会なので)歌ったたり格闘シーンっぽいのあったりアドリブあったり。

途中ね、キャラたちが通路をあがってくるんです。

で私たち初参戦なのに通路側だったんですよね。

妹がガチ通路だったのでキャラたちとハイタッチしてました(変わってほしかったん)で、後ろの席のお客さんがうちわを落としていたんですね。

すると! 推しである雷蔵さんが! ひろって、女性に渡したんですね。

近くでにこっと微かに笑ったのを斜め前からみて「ぎゃああああああ!!!」と内心なりました。優しい。もう、雷蔵さんやったんです。

そのときは三郎か雷蔵かわからなかったんですが帰宅してから検索してやっぱり雷蔵だったんだと確信しました。

f:id:tomamix:20200128225016j:plain

吉田祥吾さんとおっしゃるそうです。

ほわんとした感じがあっています。ツイッターフォローしました。

三郎を演じていらしたのは、久下恭平さん。

この方も早速ツイッターフォローしましたよ。

おしゃれな感じ、皮肉気な笑顔とかうまいですね。

キャラにあった配役されているんですね、さすがです。

 

まとめ

寸劇があるタイプとライブ式がどうやらあるようです。

再演だったからでしょうか。

で、帰宅して気づいたら次の11弾「忍たま恐怖のきもだめし」をチケット予約してました☆彡

ただ、五年生は双忍出ないみたいですけどね。

二月五日以降、当落の発表あります。

五月の公演ですよ。大阪に来てくれます。

ああ、はまってしまうのが理解できました。

心に決めたことあります。

 

次はおしゃれしていく、ペンライト買う(笑)

 

みなさん、めちゃくちゃ楽しいのでぜひ、一度は足を運んでみてください。

若返ります。