自分の機嫌は自分がとる!

機嫌よく過ごすために、映画みたり、小説書いたり、仕事だけじゃない生活を送るために奮闘するブログ。

凪のお暇の言葉がぐさっとくるね。

前回の凪のお暇みましたか。

 


『凪のお暇』(なぎのおいとま) 8/23(金) #6 恋愛終了! 再びリセット人生へ【TBS】

 

漫画でも読んで内容を知っているにも関わらず、主人公、凪に言われたセリフがぐさっときます。

 

「お前、自分に興味あるやつしか興味持たないよな」

「他人に興味もってないよな」

「話聞き上手とでも思ってんの? 相手が仕方なく話ふってやっているだけなのに」

 

うわ。

実は、私は自分のことをお話聞き上手だと思っていたんです。

でも考えてみれば質問が出てこないんですよね。

相手に興味持ってない証拠じゃないでしょうか。

で、相手に話させて自分は適当な相槌を打っている。

 

たまに、友人などが話をふってくるじゃないですか。

すると、自分にしか興味ないから自分がどうみられるか考えて答えていくんです。

最低やな(笑)

 

とはいえ、これにぐさっとくるのは私だけじゃないはず。

みんな見えない「空気」を読んで生活しています。

本当なんてないまま、生きている人もきっといますよね。

 

 

NHKドラマ「だから、私は推しました」では地下アイドルを全力で応援する人たちを描いています。

とてもうらやましく輝いてみえます。大人になっても青春ってあります。

それが一体なんの役にたつの? と世間は笑うでしょう。

オタクキモイって言いますよね。

でもペラペラで生きていることこそ無意味です。

このドラマをみてて特にそう感じます。

 

「偽装不倫」というドラマでも、みんなが言う結婚して子供を産む「幸せ」を表面的に追いかけた結果、何か違うなって不倫に走る姉が出てきます。

本当の幸せって目に見えなさすぎです。

星の王子もそういってましたよね。

 

今季のドラマはどれも自分の生き方に疑問を持たせるものばかりですね。

秋めいてきましたし(まだまだ暑いけど)、センチメンタルな気持ちとなります。

 

体の不調も現れはじめて、しばらくは自問自答する日々となりそう。

 

それでは、また。