三本烏兎さんの明日はどっちだブログ。

明日をより良いものにするために奮闘しているアラサー女のブログ。

BS時代劇「螢草 菜々の剣」の感想。

 

www4.nhk.or.jp

 

 奉公先の主人を陥れようとする敵は、父を死に追いやった男だった!
藩内の不正を正そうとする主人に危機が迫る中、一風変わった仲間たちの助けを得て、一途なヒロインの戦いが始まる――。
16歳の主人公・菜々を演じるのは清原果耶。フレッシュな時代劇ヒロインの誕生です。

 BS時代劇「螢草 菜々の剣」公式サイトより引用

 

感想

 時代劇がめっきり減った今日この頃。

NHKだけは真面目に時代劇やってます。

時代劇好きにはうれしい限り!

かたき討ちを心に誓う主人公を演じる女優さん、ほぼ知らないのですが(失礼、透明なゆりかごで主人公を演じていたそうです)侮ってはいけまません。

とても丁寧な演技で、しかもタイトル通り、仇を討つことが目標なので剣をもって素早く動くシーンがあります。

まだ、習っている最中なので(ひょんなことから知り合った剣の指南役に団子をおごったことから)真剣をもってはいませんが、木刀を見事にもって構えておりました。

めちゃ、かっこいいですね。

二話目にて浪人を打ち倒すシーンがあるのですが、目力がすごいです。

こいつを倒す、という集中した目をしておりました。

とてもかわいい顔をした女の子なのに、メリハリがすごい。

 

そうそう、

まだ二話目までの放送ですが、剣指南役、壇浦五兵衛(松尾諭)通称、だんご兵衛さんも個性豊かですが、まだまだ仲間増えるんですかね?

"一風変わった仲間たちの助けを経て”とありますし。

 

『だんご兵衛さん』と勝手に呼んでいるのは主人公だけです(笑)

 

ヒロインがいたら、相手役がいると思うのですが、たぶん主人公が奉公に来ている家の主人、風早市之進(町田啓太)なんでしょう。

彼には素敵な奥様(谷村美月)がいましたが病気で亡くなるみたいです。

 

私としては剣の指南役あたりにイケメンがきてほしかった。

だんご兵衛さんがどうにも、忍たまキャラっぽくて笑えますが。

 

そして、重要なのが親の仇である轟平九郎(北村有起哉)。

本当に冷たい雰囲気で、北村さんのシルエットが怖い。

流石。存在感があります。

マジでこの人倒せる? と今から心配です。

でも笑えるところもあって、見やすい時代劇です。

 

時代劇で女性が主人公のものは好きなので続き楽しみです。

あまり難しくないので、もしお好きな方はどうぞ。

まだ追い付けると思います!