自分の機嫌は自分がとる!

機嫌よく過ごすために、映画みたり、小説書いたり、仕事だけじゃない生活を送るために奮闘するブログ。

凪のお暇、第三話が少女漫画してますたね(ネタバレあり感想)

f:id:tomamix:20190803103057j:plain

 

漫画原作ファンである私としては、反響あるのはうれしい限り。

 

とはいえ、何か怪しいゴンさんに夢を抱いてはいけないなあと思ってしまいます。

俳優の中村倫さんがかっこいいので、騙されちゃいますよね。

 

慎二(高橋一生)演じる元カレが、本当は凪(黒木華)のことをめちゃ好きなのに、つい意地悪なことを言ってしまうのは一話から描かれています。

 

でも、ゴンさんが一体どんな感じの人なのかわかりませんよね。

癒し系ドラマであるならゴンさんと出会って再生していく話になるのかもしれませんが、これはそんな夢見るドラマではありません(笑)

 

第三話にて、気持ちの整理をして凪は「慎二の肩書が好きだったのであって、慎二のことは好きじゃなかった、別れてください」とはっきり言います。

 

よく言った、がんばった、と褒めたいところですが、このがんばりをさせたのはきっとゴンさんのおかげなんですよね。

ゴンさんとの関係を進めたいから、慎二から自立しようと思ってたぶん言うことができたんです。

新しい一歩を踏み出すぞ、的な。

 

私とゴンさん(通称パリピ)の間には大きな川が流れている。

 

ハロワで出会った、パワーストーンを売りつけてきたけど仲良くなった友人とそんな話をしてましたが、川を大きく超えてみたんです。

 

本来ならいい展開なんですが。

 

ドラマのラストで、ゴンの女友達が彼のことを「メンヘラ製造機」と呼んでました。

原作読んでいる身としてはとうとう、正体がばれて安心しました。

本人に悪意がないところが、また罪。

 

慎二もモラハラ気味ですが、依存させやすいゴンも問題。

単純なテンプレ通りのドラマじゃないところがいいですよね。

現代ドラマにしてはなかなか攻めた映像ですし。

 

原作もまだ終わってないので、これからどうなるのか途中までしかわかりません。

ゴンさんが問題に気づき、本当の自分の気持ちに気づいたらどうなるのかもわかりませんし、慎二と例の女の子もどうなるのか。

 

原作よりな展開で変にいじってないのがうれしいです。

 

高橋さん演じる慎二がバカでかわいくて好きです。

本当にこじれた小3男子みたい(笑)

 

感想のみでしたが、ぜひ今からでも大丈夫。

みなさん、ぜひ見てみてくださーい!