自分の機嫌は自分がとる!

機嫌よく過ごすために、映画みたり、小説書いたり、仕事だけじゃない生活を送るために奮闘するブログ。

NHKドラマ「これは経費で落ちません!」原作ファンも満足かと☆

www.nhk.or.jp

 

NHKドラマ10にて第一話が放送となりました「これは経費で落ちません!」。

オレンジ文庫から出ている同名の小説が原作のドラマです。

主人公の女性を演じるのは多部未華子さん。

安定のキャスト!

 

 

 

 

私は原作を読んでおりましたのでドラマは楽しみでした。

とてもドラマ向きな内容なんです。

少女小説を書かれていた青木裕子さん。

以前書かれていた「ヴィクトリアン・ローズテーラー」はコバルト文庫でありながら、イギリスの社交界、ドレス作りをしている針子のクリスを中心にとても丁寧な人間ドラマが描かれておりました。

 

今回も「天天コーポレーション」というバスグッズを作っている会社の経理部の森若さんを主人公に社内のお金にまつわる話が展開していきます。

 

正直、数字マジックの話は頭が痛くなりそうだなと思ってました。

でも全然そんなことはなく、数字の羅列である物語ではありません。

 

数字の向こうに見える「ちょっとずるい人」たちに気づいてしまう森若さんの奮闘話です。

 

かといって森若さんは正義感あふれるタイプではありません。

クールでどちらかといえば「ことなかれ主義」。

他人に深入りすることもなく、感情もみせません。

いつも内心「winwin」を考えています。

週末だけ爪にかわいいシールを張ったりするのが楽しみな本当はかわいい女の子。

 

winwinとはお互い都合がいいこと。

ずるい社員はたくさんいるとして森若さんに気づかせずにやってほしいと思っております。

 

が、森若さんにバレてしまうんですね。

見逃す? それとも確認だけする? と葛藤します。

普通に仕事するだけならいいのですが、会社って色々な人がいますよね。

 

ドラマ第一話では、営業のエース山田太陽(重岡大穀・ジャニーズWEST)がバスグッズを使ったカフェ企画で一緒になったデザイナーに「たこやき代」やら「遊園地入場券」など頻繁に使うことから不倫しているのでは?! という話にまで発展します。

 

そのデザイナーが藤原紀香さん。

若い営業とデザイナーの不倫。きなくさい(笑)

 

営業部と経理部って仲が悪いので営業部の汚点を調べるべく部署長が言えば、森若さん出動する羽目になります。

決して本人からではありません。

 

そして、経理内容の理由とオチにはいつも驚きます。

原作の内容を大きく外れることなく楽しめました。

 

安定のキャスト陣も必見。

 

主人公、森若さんは多部未華子

山田太陽は重岡大穀。

(ジャニーズだって)

経理部の後輩は伊藤沙莉

この世界の片隅にのドラマで隣の家の友達役してました)

山崎柊一。営業売り上げNO1の成績を持つ営業マン、は桐山蓮。

(だれこれイケメン)

中島希梨香。恋愛至上主義女子は松井愛莉。

(かわいい。アイドル?)

鏡美月。森若さんの同僚で友達は韓英恵

(なるほど、きつめの美人か)

吉村晃広。営業部部長は角田晃広

(あれ? 同じ名前だ!)

会社の広告塔である女性、皆瀬織子に片瀬那奈

(派手目の美人! ぴったり)

田倉勇太郎。経理部の同僚男性に平山浩行

(なるほど、硬派な経理っぽい)

新発田部長。経理部の部長に吹越満

(吹越さん! なんとこんなところに! めちゃいい)

 

十話しかないから原作もどれをチョイスするかわからないのですが、楽しみです。

 

そうそう、ネタバレしておきますがこれは森若さんと山田太陽の社内恋愛ものでもありますから!

おススメしますね。