三本烏兎さんの明日はどっちだブログ。

明日をより良いものにするために奮闘しているアラサー女のブログ。

「塩田先生と天井ちゃん」3巻の感想。

 

塩田先生と雨井ちゃん 3

塩田先生と雨井ちゃん 3

 

 

塩田先生と天井ちゃんとはもともと、ピクシブであがっていたものでした。

人気になったので、書籍化したんですね。

で、私は2巻までの内容を読んでいたのですが、2巻の終わりが卒業ネタだったり、夢だったり、終わりっぽかったんですよね。

ですから、もう続き出ないと思って本を売ってしまおうと迷っていました。

書店にてノー情報で発見したので喜んで手にとりましたよ!

 

なかとかくみこさんはちょっと前の少女漫画の描写っぽくて妙に落ち着くんですよね。

お話の内容は、雨井ちゃんは先生のことが大好きでお付き合いしています。

もちろん、周囲には内緒。

先生はちゃんと節度をもって付き合っています。

保護者の域です(笑)

雨井ちゃんの方はもっとスキンシップをとりたいようですが、近寄ったら赤くなってしまったりします。

距離感、難しいですね先生!

たぶん、先生はいつかは去るんだろうなと思っているんでしょうね。

3巻では文化祭ネタがあって、ちょっと先生と雨井ちゃん以外の人物描写が多い巻でした。

雨井ちゃんには親友の女の子がいますが基本的に周囲に興味ありません。

先生はそれを気にしてましたが、今回はたくさん関わりありました。

 

これからどうなっていくのでしょうか。

コメディタッチなので、先生が雨井ちゃんのアタックを交わす交わす(※付き合ってます)

先生はまあ少し我慢している部分もあるかと思いますが。

 

その攻防がくすりと笑えて楽しいです。

基本的に短編っぽいですね。

尊いので読んで萌えてください。

 

今のところ誰にも関係がバレてません。

これからそのような展開になっていくのでしょうか。

ほのぼのしているので、読めないです。

雨井ちゃんはかわいいし、塩田先生は「先生」っぽくて好きです。

 

ぬ~べ~とゆきめのカップル好きだった人はドストライクかもしれません(笑)