自分の機嫌は自分がとる!

機嫌よく過ごすために、映画みたり、小説書いたり、仕事だけじゃない生活を送るために奮闘するブログ。

逃げるは恥だが役に立つ、朗読劇で舞台化ですって!

www.asahi.com

あの一世風靡した、「逃げ恥」が朗読劇で舞台化します。

ドラマ版では主人公みくりを新垣結衣さん、平匡さんを星野源さんが演じました。

ヒットの要因はこの二人が原作っぽくて良かったというのもあると思います。

 

今回の朗読的は日替わり豪華なメンバーが演じます。

好きな女優さんや俳優さんがいる方はぜひ、その日に行ってみてください。

チケットとか販売になっているのでしょうか。

「恋を読む」という朗読劇の企画として選ばれたそうです。

 

日付は10月2日

平匡さんを荒木宏文・みくりさんを妃海風(ひらみ・ふう)

10月3日

平匡さんを細谷佳正・みくりさんを咲妃みゆ

 

10月4日・5日

平匡さんを梶裕貴、吉澤悠(ひさし)・みくりさんを生駒里奈内田真礼

 

ポイントは2日の分は主人公、みくりの叔母、百合さんを友近さんが演じるのと、4日・5日は朴ロ美さんが演じるというところですかね。

声優さんが混じっているのがいいですね。

 

朗読劇なので、声の演出は重要です。

しかし、東京のヒューリックホール東京でしか講演ないんですね。

気になりますが、家から遠い……。

 

でも、このニュースを聞いて久しぶりに、新垣結衣さんと星野源さんのドラマがみたくなりました。

 

結局、みてないわという方はぜひ、レンタルとかあるのでしてみてください。

原作もほぼ一緒なので、漫画でもいいと思います。