自分の機嫌は自分がとる!

機嫌よく過ごすために、映画みたり、小説書いたり、仕事だけじゃない生活を送るために奮闘するブログ。

アリー/スター誕生、ガガ様が美しいのでおススメ!

 

アリー/スター誕生(吹替版)

アリー/スター誕生(吹替版)

 

 

アリー/スター誕生をレンタルして観ました。

本当は映画館行きたかったのですが、結局行けず。

好評だったので、期待値高めでみました。

 

感想はガガ様が美しい。

いつも奇抜な恰好をされているので、素顔をまじまじと見たことがないのですが、個性的できれいでした。

女優をやったことがないので、最初のこの映画の話がきたとき断っていたそうですが、相手の歌手役、ブラッドリー・クーパーの熱烈なオファーにより実現したそうです。

 

ストーリーは、有名な歌手であるジャクソンに才能を見出され、スターの道を駆け上がっていくアリーの話。昔に「スタア誕生」という映画があったそうです。

それのリメイク的な作品ですね。

二人はやがて恋愛関係になります。

ところが、ジョンとアリーの間に次第に格差が広がっていきます。

元々家族の問題やドラッグや酒に依存性があったジャクソン。

終わり方は切ないです。

 

なんといってもこの映画は二人の歌唱力がものを言います。

ガガは低いところも高いところもきれいに歌う歌手ですね。ジャクソンも往年のロック歌手感が出てましたよ。

サントラ欲しいかもしれません。

レディー・ガガは演技をしたことがないとおっしゃってましたが、移り変わる表情がでれも違って素敵でした。

 

私としてはサクセスストーリーの感じがすごく出てて終わりも感動的なのだろうと思っておりました。

どちらかというと、恋愛ものでしたね。

アリーはずっと最後までどんなことがあっても彼を愛してました。

様々な問題が立ちはだかるのに、彼女の愛は喧嘩もあっても本当だったのと思います。

エンディングは、少し寂しいものとなります。

そこがそっと終わるようでいいのかもしれません。

栄光と影。

 

同時期にボヘミアン・ラプソディーがあったわけですが、こちらの方が私は胸を打たれました。

オチにより映画の心への残り方が違いますね。

 

とはいえ、歌がたくさん散りばめられているのでとても素晴らしい映画でした。

 

ぜひ、まだの方はレンタルもしておりますので観てみてください。