自分の機嫌は自分がとる!

機嫌よく過ごすために、映画みたり、小説書いたり、仕事だけじゃない生活を送るために奮闘するブログ。

『空飛ぶタイヤ』現代版時代劇かもしれない。

 

空飛ぶタイヤ [DVD]

空飛ぶタイヤ [DVD]

 

池井戸潤さん原作の同タイトルの映画版。

レンタルして観ました。もともと、中小企業で働いておりますので、池井戸シリーズはとても共感がもてます。

弱者や組織を描かせたら、とても上手いですよね。

 

ストーリーはというと、長瀬さん演じる主人公の運送会社、赤松自動車でタイヤ脱輪による死亡事故が起こってしまいます。

脱輪して、タイヤが外れ空を飛んだのです。

(ファンタジー的なタイトルですが、実はそういう意味)

 

最初は自分の会社の整備がダメだったのだと思います。

ですが、きちんと整備記録には法定以上の項目が設けられており、自社の過失ではないことが判明。

原因探しで奔走するうち、大手自動車メーカーであるホープ自動車リコール隠しの事態へと発展する話。

 

運転手が悪かったのか。

整備が悪いのか。

自動車販売側が悪いのか。

自動車側としてだれが悪いのか。

誰が逃げようとしているのか。

 

登場人物もとても豪華で、

 

主演の長瀬智也ホープ自動車ディーン・フジオカ、キーマン、佐々木倉之助、ホープ自動車側のグループ会社の銀行員、高橋一生、長瀬君の奥さん役、深田恭子などなど。脇役も寺脇さん、ムロツヨシ小池栄子、六角さんとか、笹野さんとか、ジャニーズの子がいたりとすごい。

イケメンしか出てこないのか(笑)

 

最初は巨大な組織に小さな赤松自動車ではたちうちできないと思っていましたが、ディーン・フジオカ(敵側)演じるホープ自動車の販売の男が冷徹そうにみえてだんだん、感情を表に出していくのがよかったです。

内部のリコール隠しを最初に発見するのは彼ですね。

大きな組織が倒れるにはこのような様々な動きがあるのでしょう。

 

最初、これが自分の会社だったら無理じゃないかと思います。

赤松自動車も倒産の危機にまで追い込まれます。

死んだ人のためにも原因を究明したい。でも生活もしなくてはならない。

板挟みが苦しいですね。

組織の腐敗はどこにでもある話ではないでしょうか。

目先の利益を追求するうちにコンプライアンス的な何かを忘れてしまっていくのかもしれません。

 

自分の中の正義と保身。

葛藤がとても面白い映画でした。

 

そういうのがまるで武士道に感じられ、まるで時代劇のようです。

エンタメ作品というのはこうでなくては。

 

とてもスカッとする映画です。

眼福でもあるので女性も恋愛要素などないですがぜひ観てください。