自分の機嫌は自分がとる!

機嫌よく過ごすために、映画みたり、小説書いたり、仕事だけじゃない生活を送るために奮闘するブログ。

5月6日スパコミ大阪インテに参列してきました。

 

私は少しオタクなので、オールジャンルのイベントが主にインテであれば夏・冬と用事がなければ参加しています。

 

買い手の方です。

 

で、いにしえのオタクなので春コミがオンリーイベント合同っていうのを調べもせず参加してきました。

 

オールジャンルなので、私が好きな忍たまちびまる子ちゃんシティーハンターとかあると思っていたんです(すごい、子供向けアニメばかり)

 

ところが、オンリーイベントがいくつか入っているのでその他っていうのは参加していないジャンルがほとんどでした。

 

昨日入っていたオンリーは「おそ松さん」「刀剣乱舞」「おっさんずラブ」「ヒロアカ」などなど。

他にのも私が知らないジャンルもたくさんありました。

一時期はほかジャンルで何が流行っているのかほとんど網羅しておりましたが、少しピクシブから離れると全くわからなくなってしまいますね。

 

あと意外だったのが、働く細胞の白血球と赤血球本があったことですかね。あと白血球とキラー細胞本も強い。

私もこの二人(?)が好きですが 公式のフラグがあまり立っていないような気がしましたので漫画も一、二巻で読むのをやめてしまいました。

アニメも少し見た程度ですね。

 

友人とも話しておりましたが、若い頃と違って人が死ぬストーリーしんどい。あと原作ありきの二次なのに原作を追えているジャンルが少ないということです。

これは社会人あるあるじゃないでしょうか。

それでも、売り子さんはほとんど社会人のように見えます。

私らは買うだけでもひいこら言ってますが、売り子さんは仕事して帰宅後描いて、はたまた育児と家事している人もいます。

「好きだから」ということだけで、そこまでの機動力。

頭があがりません。

そのような場にいくと、やっぱり創作って楽しいなと思えました。

たとえ、その日のイベントで好きなジャンルがなくとも(笑)

 

でもお茶屋さんが来ていたり、ドライフルーツ、シフォンケーキ、焼き菓子屋さんなど何もなくとも楽しめるようになっています。

創作アクセサリーなどのアルドヴァリエも開催していましたし。

 

私が購入したのはお菓子やお茶、そして廃墟本くらいでしょうか。

 

でも、季節もよかったしイベントは楽しいものですね。

文学フリマ大阪までに何とかまとまった作品書いていきたいと思いました。

 

 

はたらく細胞(1) (シリウスKC)

はたらく細胞(1) (シリウスKC)