自分の機嫌は自分がとる!

機嫌よく過ごすために、映画みたり、小説書いたり、仕事だけじゃない生活を送るために奮闘するブログ。

結婚したいのか恋愛したいのか、それをちゃんと見極めて婚活すべし。

私は昨年まで婚活頑張ってました。

ました、というのは飽きたのでもなく、諦めたわけでもないのですが、とあることに気づいたから一旦立ち止まってみました。

 

それは、結婚がしたいのか恋愛したいのか? ということ。

私はまともな彼氏彼女の関係になったことがないのに、年齢がきたから結婚しなきゃに飛躍しました。

しかし、本当はステキな彼氏がほしいだけじゃないのかということに気づいたのです。

 

だから、ネット婚活も「はじめましてー、趣味は?」 から始まって、会って、結婚はないわ、ってなって終わるパターンばかりでした。

恋愛ならもしかしたら、ハードル低くなりますが、結婚はまた違いますからね。

好きな人としたいわけです。

 

この好きな人と、というのが曲者で初対面の男をいきなり好きにはならないわけです。

ましてや、相手に好きに思われることも難しいわけです。

恋愛はお互いの心が通い合うもの。

 

恋愛ありきの結婚は、本当に難しい!

 

実は結婚するだけならできるのです。

自分が恋しなくても、条件はあうわなぁって人はいました。

じゃあどうして踏み切らなかったのかというと、タイプじゃなかったんでしょうね。

恋する相手ではなかった。

 

これらを混同するから結婚できない。

 

まぁいいか、で勢いでできる人は強いですね。

友人も婚活中で、マッチングしても○○が合わないとよく言います。

私はマッチングすることが稀なのでフツメンでマッチングした時点でちょっと好きになります。

マッチングするのは、私と同レベルの変わったタイプばかりです。

ヤバイ系ですね。

実はこれが私の市場価値なんだわ、とこのような場に出たら実感します。

 

結婚がしたい、と本気に思っていない限りはあーだ、こーだと言いそうなのでやめておこうと思います。

などと言いつつ、余裕かましてる場合じゃないんですけど。バツイチでも良さそうな人ならいかないと、アラサーは時間ないです。

 

今忙しすぎて思考回路ショート寸前です。